みどりの園

アドボカシー人財育成部(お客様相談室)

業務内容(ミッション)

当法人では、ISO9001品質の国際規格を認証取得しております。全ては利用者様、ご家族に満足して頂くためのものであり、それぞれの方針を立て、各部署・各スタッフが同じ目標に向かって取り組んでおります。
また当法人では、職員一人ひとりを大切なたからもの(財産)として考え、全ての職員が最高のパフォーマンスを発揮出来るよう、力量アップ・メンタルサポートの両面に力を入れております。(アドボカシーという言葉は直訳すれば擁護・唱道・支持を意味します。)

【みどりの園フィロソフィ】
当法人にはみどりの園フィロソフィ手帳があります。これは、いわばみどりの園の哲学書であり、経営理念や私たちの使命、行動指針、大切にしたい価値観、そして法人が求める職員像が綴られています。このフィロソフィ手帳を全職員で共有するとこで、全職員が共通認識を持ち業務にあたれるよう、法人全体で取り組んでおります。

※児童デイサービス、障がい児童相談支援センターは認証登録範囲外です。

スタッフ紹介

苦情処理管理責任者 : 大久保 義人

アドボカシータイムス

ISOニュース

自己適合宣言

当施設は“自己適合認証”を下記コンサルティング会社から検証を受け、証明書を受領しています。

自己適合認証証明書

社会福祉法人紘徳会みどりの園は、永年にわたり下記規格の第三者認証を維持してきました。
この度、全ての規格が現場に定着して「みどりの園システム」として確立してきたことを受け、ISO9001:2015以外の規格は第三者認証を継続せず、自己適合認証とすることにしました。

自己適合認証は、第三者のコンサルティング会社に審査を依頼し、規格の適合状況を検証する仕組みです。

更に、当施設の理事長 吉元和浩が開発をした、介護に特化した介護・医療の質、CSR(社会的責任)、学習など複合型の「新QCマニュアル」をベースに、次世代を見据えた介護施設のオピニオンリーダーとして精進して行く所存です。